症状の知識|脊柱管狭窄症の症状と治療法|糖尿病との併発率が高い病気です

脊柱管狭窄症の症状と治療法|糖尿病との併発率が高い病気です

病院

症状の知識

病院

脳梗塞とは、脳の血管が加齢や病気など何らかの理由で細くなってしまったり、血栓ができて動脈が詰まったりすることで発症する病気です。脳のどこかで血流が滞って流れなくなってしまうと、脳に酸素や栄養が行き渡らなくなってしまいます。そうなると、脳細胞が破壊されてしまいます。脳の動脈が詰まってしまうと、脳の神経細胞が壊れてしまい、その時間が長ければ長いほど、壊死してしまって元には戻らなくなります。誰でも簡単にイメージできるでしょうが、脳細胞が破壊されるということは、人間の活動に多大な影響を与えてしまいます。できる限り予防しなくてはいけません。脳梗塞を発症すれば、多くの人は強い頭痛を感じるので、そうなる前に予防をしておくことが大切です。

脳梗塞を疑う症状としては、こんなものがあるそうです。すなわち、ろれつが回らなくなり言葉が出なくなるとか、顔に歪みが出て左右どちらかに違和感がでてくる。片方の手足に力が入らなくて転倒しそうになったり、片方の手足に痺れが起こったりする。さらには片方の目が見えなくなる。そして人の言うことがうまく理解できないなどです。ちょっといつもと違う、とまずは気づくことが大事です。自分でもこのような症状に気づくかもしれませんし、周りの家族などが気づくこともありそうです。このような症状にいち早く気づくことが、脳梗塞を重症化する予防にもつながるのです。これらの症状に気づいたら、また脳梗塞を疑えば、直ちに病院に駆け込みましょう。場合によっては、救急車を呼ぶことも検討してください。一刻も早い治療開始が、重症化の予防につながります。