脊柱管狭窄症の症状と治療法|糖尿病との併発率が高い病気です

医者

脊髄圧迫を改善する

医者

脊柱管狭窄症は自然治癒が望みにくい病気であるため、リハビリによる身体機能の回復・維持、および生活の維持が必要となってきます。主な方法は、「背中を反らさせない」ための生活指導と、腰を支える力をつけるための運動療法です。

Read More

骨の病気

カウンセリング

脊髄の病気

脊柱管狭窄症は脊髄が通る脊柱管が狭くなることによって起こる病気の一つです。特にこの様な病気は、椎間板ヘルニアや変性すべり症はもちろんのこと高齢者特有の椎間板や椎間関節の変形や変性などによっておも起こる病気となっています。この様な病気や症状が原因となって起こるものであるために、治療をする時には薬物はもちろんのこと脊柱管狭窄症を改善するためには最も良い方法であるとされているリハビリを使うことが良いと言われています。リハビリをすることによって、痛みを改善することが可能ですが、無理なリハビリはかえって症状を悪化させてしまう恐れもあります。そのため、しっかりとリハビリの経過を見てくれる医療機関の存在が欠かせないのです。

治療にかかる時間

脊柱管狭窄症を改善するための、リハビリなどの治療にかかる時間としては主に1か月程度の軽度のものから重度のものでは1年や5年程度かかるものも多くなっています。そのために、脊柱管狭窄症の治療を行う時には長いスパンで見つめることが重要になっており、しっかりとした周期でリハビリを続けることが必要になっています。また、リハビリの場合においては理学療法士や作業療法士などの協力も必要不可欠なものになってくるということもあり、できるだけ病院で様々なサポート機関などの紹介を受けることが重要です。信頼できる担当の方とリハビリを行うことで、より症状の改善も早くなるでしょう。また、脊柱管狭窄症を発症した方は、糖尿病も併発する場合が多い、という統計も報告されています。糖尿病は最悪の場合死に至るケースもある恐ろしい病気なので、脊柱管狭窄症に悩まされた場合は生活習慣自体を改善するよう心がけてください。

異常を感じたら受診

聴診器

幼児など、小さい子供がなりやすいと言われる脱腸(ヘルニア)は大人でも症状に悩まされている人も多いです。場合によっては専門クリニックで手術をすることが考えられるので費用とよく相談すべきでしょう。

Read More

症状の知識

病院

脳梗塞の初期症状を知っておくと、早く治療を開始することにもつながり、重症化するのを予防できるかもしれません。ちょっといつもと違うな、と思ったら、早めに診察を受けましょう。

Read More